卒論調査地は国の天然記念物だった

  • 2008/4/20
  • 卒論調査地は国の天然記念物だった はコメントを受け付けていません。

調査地に決めた池は学術的に意味のある湿地で、その植物群落は国の天然記念物に指定されていました。

つまり、勝手に触れないということです。

水質調査をしたくても、水の中にはプランクトンがいるので、水のサンプルを持ち帰ることが出来ません。

卒業生に話を聞くと、国定公園とか天然記念物といわれる類のものは、調査の許可を取りたくても却下されることが多く、仮に許可されたとしても、許可が出るまでに数ヶ月を要する場合もあるとか。

幸い、この池を継続的に調査している組織があり、入会させてもらいましたが、調査内容が私の卒論テーマとかけ離れているばかりか、調査目的や期間、内容などを年度初めに市役所に提出して許可を得ていたことを知りました。

素人が手を出せる代物ではなかったのですね。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

   
ページ上部へ戻る