卒論発表会(学芸大学)

20130322215455毎年3月中旬頃、「全国地理学専攻学生卒業論文発表大会」が東京学芸大学で行われます。地理学科を有する全国の大学から最大2名の卒論が選ばれ、約50名の学生が3会場に分かれて発表します。法政大学からは通学部2名、通信教育部2名(いずれも人文・自然1名ずつ)、最大4名が発表できますが、自分から立候補することは出来ません。卒論を提出し、卒論試問を終えた数日後、卒論指導教員から声が掛かります。

発表者は全国から集まり、卒論内容も多種多様。
PowerPointを使ってのプレゼンテーションが中心です。
見学自由ですので、後学のために是非聞いてください。

発表に際し、提出した要旨は日本地理教育学会の『新地理』に掲載されます。

私の発表の様子はこちらで。

カテゴリー

   
ページ上部へ戻る