臨時の卒論指導

  • 2012/7/20
  • 臨時の卒論指導 はコメントを受け付けていません。

先生が出張で京都にお見えになる機会があり、
急遽、卒論指導をしていただけることになりました。

場所は、先生がお泊りになるホテルのロビーです。
長旅でお疲れにも関わらず、
20~21時半ものあいだ、私のために時間を設けてくださったので、
仕事が終わってすぐ、京都へ駆けつけました。

調査地点の設け方、地図の書き方、霧の高さの上限を知る必要があるなど、
2010年の二次指導からさらに踏み込んだ内容となりました。

果たして私にこなせるのか不安は大きいですが、
卒論が完成したときには、私はきっと一皮向けているんでしょうね。

通信教育部生には本来、卒論のための指導は三回しかありません。
地理学科には、Eメールを使って指導してくださる先生もおられますが、
内容によってはEメールでは対応しきれない場合もあります。

漆原先生の場合は、Eメールでのやり取りも若干ありましたが、
直接お会いしてご指導いただく機会が何度と無くありました。
先生のご好意に感謝!

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

   
ページ上部へ戻る