出掛けるときは忘れずに。

  • 2010/6/24
  • 出掛けるときは忘れずに。 はコメントを受け付けていません。

それは鈴です。

山の頂上にある、とある神社に調査へ出掛けたときのこと。
通りすがりのおじいちゃんに道を尋ねると、

あんたが行くのか? 一人でか? 何をしに?
と言いたげな表情。

道(の状態)、悪いよ… ここから徒歩10~15分くらいだな。

少々きつい上り坂。
100mほど歩いて振り返ると、先ほどのおじいちゃんが心配そうに見ています。
おじいちゃんの言動が気になったけど、そのまま進むことに。

息を切らしながら7~8分上ると、道はクネクネ曲がってさらに狭くなり、
木が生い茂って薄暗く、足場もますます悪くなりました。
クマ出ますか?って聞いておけばよかったな~(奈良に熊居たっけ?)。

不気味な様相を呈しているけど、100mほど先には目指す神社があるはず。
足元に注意しながら上ること5~6m。

すると道の右端に25~26cmの大きな足跡が。
形は男性用革靴の底のよう。
あるいは、2つの足跡が合わさって大きく見えたのかもしれません。

でも山の中で革靴なワケないし、崖の際を歩くはずがない。
足跡の間隔も1.5mほどあるので、人間のものではなさそう。

行く? 引き返す?

自問自答していると、
左前方の森の中からガルルルル・・・・という獣のうめき声が。

野良犬? 狼?

背筋が凍りつきました。じいちゃん先に言っといてよ!
半べそかきながら、一目散に山を駆け下りました。

駆け下りる途中、何度も振り返りましたが動物の姿は見えません。
代わりに、野生動物のキキーッという声を聞きました。

鈴の代わりに大声で独り言を言ってみたり(負け犬の遠吠えみたいw)、
道具をガチャガチャ鳴らしてみたりしましたが、やはり遠くまで音が響く鈴が一番。

怖気づいて、腰が抜けそうになりました。
いやぁ~怖かった・・・。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

   
ページ上部へ戻る