子どもの頃の謎が解けた

  • 2003/3/9
  • 子どもの頃の謎が解けた はコメントを受け付けていません。

子どものころから好きなもの。

海、山、空、星、宇宙、船、地図・・・

それぞれ共通点がなく、好きなものを1つに絞れない。1つのことすら追求できない。
私はいったい何がしたいんだろうと、子供心に将来を案じたものです。

自然災害にも興味があり、地震や火山噴火、台風など、
テレビで災害のニュースが流れると、何時間でも画面に噛り付き、
そんな自分を不謹慎に感じたこともありました。

社会人になって胡蝶蘭を育てる機会に恵まれ、
色んな園芸書を読むうち、いつしか自生地の勉強がしたくなり、
選んだ道が、通信教育で地理学科のある大学への進学でした。

入学して約1年、子供の頃に悩んでいたことの答えが出ました。

海  = 海洋・陸水
山  = 地形、地質、地震
空  = 気象
宇宙 = 天文
地図 = 地図
船  = 大航海時代 etc.

どうやら私は「地理学」が好きだったようです。

自然現象と災害の違い、分かりますか? それは、そこに人間が関わるか否かです。
地震にしろ火山噴火にしろ台風にしろ、それは単なる自然現象に過ぎません。
そこに人間が介在するとき、初めて災害となります。

私達には自然現象を止めることは出来ませんが、
災害を、いかに最小限に食い止めることが出来るか、それを考えることは出来ます。

共通点が無いように見えて、1本の線で繋がっていたんですね。

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー


ページ上部へ戻る