世界らん展日本大賞2006

  • 2006/2/18
  • 世界らん展日本大賞2006 はコメントを受け付けていません。

開催期間 2006年2月18日()~26日()
公開時間 午前10時00分~午後6時30分(入場は午後5時30分まで)
会場    東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)
テーマ   和の心
入場料   前売り券 1,800円/当日券 2,000円/イブニング券 1,500円 
公式サイト http://www.jgpweb.com/

[:ボックス1:] 日本大賞 Masd.Tuakau Candy ‘Lovely’

[:ボックス1:] 光のオーキッドファンタジー


これが会場全体。
夜は幻想的な雰囲気ですが、昼間の蘭もステキです。


会場全体の照明を落とし、それぞれの展示作品をライトアップ。オーキッドロード「夢の宴」からシンボルゾーン(お立ち台)まで、昼間の蘭の美しさだけでなく、夜の素晴らしい蘭を幻想的に演出。。最終日を覗く開催期間中の毎日、午後5時50分より約30分間、実施されます。

[:ボックス1:] 展示

オーキッド・ロード「夢の宴」

オーキッド・ロードは、入場して一番最初に通るで、中心部のお立ち台へ真っ直ぐ伸びています。
今回は、らん展全体のテーマである「和の心」にちなみ、平安時代の優雅な宮中行事「曲水の宴」がモチーフ。数十万輪におよぶ様々な蘭の花を飾りつけています。

コブラ・オーキッド

アフリカに自生する、Megaclinium purpureo-rachis。
独特の形状をした花茎がコブラに似ていることから、コブラ・オーキッドと呼ばれているそうです。

[:ボックス1:] 特別展示

ミャンマーの蘭
海外からの特別展示。ミャンマーはその昔ビルマと呼ばれていましたね。地生蘭(地面で生息している蘭)や着生蘭(木に着生して生息している蘭)などミャンマー原種の蘭が展示されています。

假屋崎省吾「蘭の世界」
テレビでお馴染みの華道家、假屋崎省吾氏による特別展示。

巨大すぎて、
カメラからはみ出しています[:汗:]

いけばな六流派 (5つしかありませんが[:汗:])


[:ボックス1:] 今年の戦利品

左から、
Phal.appendiculata
Phal.deliciosa
Phal.kunstlerii

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る