世界らん展日本大賞2017

  • 2017/2/13
  • 世界らん展日本大賞2017 はコメントを受け付けていません。

世界らん展日本大賞2017に行ってきました。世界らん展日本大賞2017

日本大賞:Den.glomeratum ‘Long Well’

日本大賞に選ばれたのは、Den.glomeratum ‘Long Well’。展示花って正面を向いて(正面だけを意識して)咲かせれば良いと思ってたけど、この花はどの方向からでも美しく見えるらしい。すごいなー。

花以上にすごく印象的だったのが、受賞者永井氏の美しい立ち姿とお辞儀姿。綺麗な姿勢だったので思わず撮っちゃいました。慣れておられる様子だったので、自衛隊員かな~なんて想像したりして。

女性受賞者もおられました。将来の受賞時に備え、服装をチェック(その前に出品しなきゃ)。皆さん素敵でした。

例年、真っ先に販売ブースにすっ飛んで行きますが、今年はドームでは買わないと決めていたので展示を先に。大きな展示物を写真に収めようとすると、必ずといっていいほど天井近くの照明が邪魔をします。明るくていいんだけど、邪魔でした。原種胡蝶蘭の出品、今年も気づかなかったなぁ。あったのかな。いつか出品したいなー。2月に咲かせるほどの“腕”ないけど。

特別展示(左:志穂美悦子氏、右:假屋崎省吾氏

 

日本いけばな三大流派 特別企画展示

ハンギングバスケット参考展示

今年の戦利品

今年はドームでは買わないと決め、事前に蘭屋さんで胡蝶蘭10株をネット注文。ところが内覧会始まって早々、18年間入手できなかったPhal.equestris var. albaを見つけてしまい、スイッチが入りました。戦利品は7株。

Phal.equestris var. alba
Phal.amboinensis var.common (ともに(有)新垣洋らん園)

18年間入手できなかった、リップも白いPhal.equestris v.alba。

C.walkeriana tipo ‘Baron’ AM/AJOS, AM/ACWJ × self (Satox Japan)

昨年入手したワルケリアナがACWJの人気投票に入ったことに気を良くして、今度は雫に可能性を託してみました。滅多に出るもんじゃないでしょうけど、希望は大きく、目標は高く…

C.alaori ‘Angelico’ × self
Pot.Big Dream ‘Paradise’ × Pot.Nanboh Emerald (ともにアザブナーセリー)

C.Kiritsuboはうちの温室で咲いてるけど、alaoriはどうだろう?
ミニカトレアは黄色い花に一目ぼれ♪

Paph.primulinum (大場蘭園

こちらも黄色い花に一目ぼれしてお持ち帰り。

Phal.Fortune Saltzman ‘Maple Bridge’ AM/TOA (台大蘭園)

18年ほど前に頂いて、枯らしてしまった株。
黄色や黄緑の花が好きになったのは、ここが原点の気がします。

気に入った株を入手できて、今年は良いことありそうだなー♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る