独自ドメインを取ろう

  • 2014/6/23
  • 独自ドメインを取ろう はコメントを受け付けていません。

独自ドメインを取得するなら

バリュードメイン ・・・ 国内のレジストラ。操作が簡単で安価。

ホームページをお持ちの方、自分の好きなURLでホームページを運営したいと思ったことはありませんか?当サイトでは“COCO”というハンドル名が入った短いURLを使いたくて「coco.bz」というドメインを取りました。

通常のURL :「http://www.プロバイダ名.ne.jp/~任意の名前/」
独自ドメイン:「http://www.coco.bz/」

 

.bzにあたる部分は、.comや.netもあります

com 商業組織用 (審査が無いため、法人・個人問わず取得可)
org 非営利組織 (審査が無いため、法人・個人問わず取得可)
netネットワーク団体用 (審査が無いため、法人・個人問わず取得可)
co.jp日本国内で登記している企業や団体(株式会社、有限会社、相互会社など)
go.jp日本国の機関(各省庁所轄の研究所や特殊法人等)
ne.jp日本国内のネットワークサービス提供業者

レンタルサーバー業者が独自ドメインを取得代行してくれる場合もありますが割高なので、ここでは自分でドメインを取る方法を説明します。

独自ドメインの取得方法(ドメインは早い者勝ち)

  1. バリュードメインにて、希望のドメインが取得可能かどうか検索
  2. 希望ドメインに空きがあれば、ユーザー登録して入金し、バリュードメインの管理画面から入金報告
  3. 翌日、ログイン画面に入金額が反映されたら、希望のドメインを取得する

バリュードメインには無料のレンタルサーバー(広告表示あり)が付いています。

 

お薦めのレンタルサーバー

 

お薦めのWordpressテーマ(日本語対応)

WordPressはブログサイトを簡単に運営できるプログラムです。サーバーさえあれば(レンタルサーバーなど)インストールが簡単で、機能も自由に追加でき、素敵な無料テンプレートも豊富。ですが日本語表記のホームページで使用する場合、タイトルや本文の文字が大きくなりレイアウトが崩れてしまうこともしばしば。TCDのテンプレートは有料ですが、日本企業が作ったテンプレートなので、レイアウトが崩れることなく安心です。しかもレスポンシブ対応で、スマホやタブレット対応のページを別に作る必要がありません。ただし、TCDは無料お試し期間が設定されてないのが玉に瑕。なのでTCDのテンプレートを使用したサイトで完成イメージを確認する必要があります。ちなみに当サイトは「Opinion」というテーマを使用しています。Wordpressでサイト運営を考えている人はぜひ。

WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WordPressテーマ「LAW (TCD031)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る