胡蝶蘭について

胡蝶蘭の学名など

学名Phalaenopsis(ファレノプシス属) 「蛾のような」という意味で、英名はMoth Orchid(蛾蘭)
科名ラン科
属名ファレノプシス属(略号Phal.)
自生地台湾南部、フィリピン、インドネシア、パプア・ニューギニアなど赤道を挟んだ南北回帰線付近
花色桃色、オレンジ色、黄色、黄緑色、白色、赤色、点模様、筋模様、無地などさまざま

 

胡蝶蘭ってこんな花

semi-alba amabilis kihana matou pink

 

花の各部の名称

bui

 

根と花芽の見分け方

花芽は必ず葉の真下から出てきます。(大抵は2枚目の葉の下)
根も同じ場所から出ますが形が違います。偏平縦長なら花芽、丸みを帯びていたら根です。
下の写真で、その違いが分かるでしょうか。葉の真下以外から出てきたものは全て根です。

花芽
haname
ne
ne2
葉の真下に縦長の芽
葉の真下だけど丸い
株の側面から出ている

オススメ文献

   

カテゴリー

ページ上部へ戻る