命拾い

父が魚釣りに行って、夜中にリュックを盗まれたと言って帰ってきました。
犯人を追いかけると、相手は軽トラの荷台にリュックを投げ入れ、助手席に滑り込んで逃げたそうです。

父は軽トラの前に出て道を塞ごうとしたらしいのですが、トラックの1mほど手前で転んでしまい、その際とっさに車のナンバーを控えたそうです。

ナンバーを警察に届ければ犯人は割り出せます。でも他府県での出来事で、調書を取るのにまた訪れるのも面倒だし、貴重品は身につけていたので、リュックの中身は釣り道具だけ。そんな小さな被害で警察に届けるのも・・・ということで、断念しました。

「気持ちは追いかけてるんやけど、体が付いて来んでなぁ~。(^o^;)」と笑う父。
父は、命拾いをしたと思います。

もしあの時、車の前に出ていたら轢かれていたかもしれません。神か仏かは知りませんが、助けて頂いた生命、これからも大切にしてもらいたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る