キッチンのゴミ箱に細工

引っ越して半年。キッチンのゴミ箱に細工をしました。

我が家のキッチンで使ってるゴミ箱は、
テンマフィッツワールドのe-LABOイーラボ スマートペールというゴミ箱です。

キッチン背面のPanasonic製の家電収納の下がゴミ置き場スペースです。スペースは幅90cmで広いけど高さが微妙で、純正のダストボックスワゴン以外合うものが無いんです。純正は定価4万円超で高いし、使うたびに幅90cmのワゴンを引き出すのも面倒で、長い間ネットで探して見つけたのがスマートペールでした。

e-LABOイーラボ スマートペール(テンマフィッツワールド)

白いゴミ箱ですが、中のゴミは透けません。奥行もピッタリです。
我が家にピッタリなのは、下の2通りの組み合わせでした。

 
ゴミ箱本体
キャスター
25LフラップスリムISB ボールベアー IM−16
35Lフルオープン

sukima

ゴミ箱って、ゴミを入れると結構重くなるのでキャスターは必須。でもゴミ箱上部は2cmしか余裕が無く、大抵のキャスターは高さがオーバーします。IM-16高さ2cmのキャスターを探したら、(株)井口機工製作所のISB ボールベアー IM−16がぴったりでした。本来の使い方は右画像のように上向きに複数個置いて、ベルトコンベアーのようにキャスターの上を商品が移動していくようです。だから“ボールベアー”というんですね。

これを、3Mの超強力両面テープ プレミアムゴールド スーパー多用途でゴミ箱の底にペタ。金属もプラスティックもOKな超強力両面テープなので、キャスター側の接着面積が少ない部分にもガッツリ着きます。

kansei高さぴったり!軽い力でコロコロと転がります。道具を探すのが大変だったけど細工は両面テープで貼るだけ。我ながら大満足の出来栄えです。

しかしこのキャスター、ガラガラガラ!とケタタマシイ音がします。異なる用途で使っているので仕方ないですね。

それに比べ、テンマのイーラボ専用キャスターはとても静かで上品な音だこと。あちらを立てればこちらが立たず。でも便利さには変えられません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る